ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

  • 現在位置:HOME
  • 新着情報一覧(2013年)
  • 研究室OBの小林匡洋博士(現・血液免疫内科)が国際学会にて最優秀演題として講演しました
  • 現在位置:HOME
  • トピックス(2013年)
  • 研究室OBの小林匡洋博士(現・血液免疫内科)が国際学会にて最優秀演題として講演しました

トピックス

2013年7月4日
研究室OBの小林匡洋博士(現・血液免疫内科)が国際学会にて最優秀演題として講演しました

当研究室のOBである、小林匡洋博士(現・血液免疫内科)が鉄欠乏性貧血におけるBach1の機能を解明し、European Hematology Association年会(2013年6月13日-16日、ストックホルム)で、その研究成果を発表しました。全演題の中から6題の最優秀演題に選ばれ、Presidential Symposiumで講演しました。

写真

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.