ここから本文です

研究活動

  • 現在位置:HOME
  • 研究

研究活動

遺伝情報発現機構を柱として、がん、液性免疫、細胞分化、そして酸化ストレス応答に関する研究を実施しています。

転写制御システム(DECODEシステム)

転写制御複合体(DECODE複合体)と転写制御ネットワーク(DECODE回路)に着目して研究を進めています。

実施内容の詳細は、転写制御研究のページをご覧ください。

詳細はこちら

クロマチンシステム

遺伝情報代謝の基質であるクロマチン動態に関する研究を進めています。

実施内容の詳細は、クロマチン動態をご覧ください。

詳細はこちら

発がんおよび発がん防御の分子機構

がん関連転写因子に注目して、遺伝情報発現機構の乱れとしてがんを理解しようと考えています。

実施内容の詳細は、がんをご覧ください。

詳細はこちら

血液細胞分化・液性免疫制御

転写因子による血液細胞分化や液性免疫システムの制御ネットワーク解明に挑戦しています。

実施内容の詳細は、血液細胞分化・液性免疫制御をご覧ください。

詳細はこちら

ヘム制御

補欠分子ヘムによる遺伝情報発現制御という新しい研究領域を開拓中です。

実施内容の詳細は、ヘム制御をご覧ください。

詳細はこちら

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.