ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2010年10月15日
Bach2による液性免疫制御に関する論文を発表しました

武藤講師が中心となって抗体産生を調節する遺伝子回路とその機能を発見しました。転写因子Bach2が形質細胞分化マスター制御因子Blimp-1の遺伝子を抑制することにより、形質細胞分化を抑えて、抗体のクラススイッチを促進することが明らかになりました。Bach2とその遺伝子回路は、「自己免疫疾患やアレルギーの治療標的」となる可能性が考えられます。この発見は「The EMBO Journal電子版」に10月15に発表されました。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.