ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

成果等

成果等

2008年11月17日
細胞老化の抑制因子を特定

土肥由裕研究員(現・広島大学医歯薬学総合研究科)、井倉毅講師らは、転写因子Bach1が、がん抑制因子p53と結合しその機能を阻害することにより、 細胞老化を抑制することを発見しました。細胞老化は個体の老化とも密接に関係することから、Bach1は、がんや老化をコントロールする上で新しい治療標 的となる可能性が考えられます。この発見は米国の学術誌Nature Structural & Molecular Biology誌の電子版に掲載されました。

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.