ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2015年12月16日
転写因子Bach2のリン酸化制御に関する論文を発表しました

生物化学分野の中心題材の一つである転写因子Bach2は、Bリンパ球の発生や分化を制御します。また最近、共同研究によりTリンパ球の活性化や制御性T細胞分化にも関わることを報告しています。今回、Bach2の細胞内分布がPI3キナーゼとmTORのシグナル伝達経路により制御されることを発見しました。安藤亮博士(現・小児外科)が大学院生博士課程院生として進めてきた研究成果です。質量分析により、Bach2は少なくとも72カ所(!!)のリン酸化部位を有することを見いだしたことを契機に、この中で活性制御に関わるリン酸化部位1カ所と、その上流のシグナル経路を明らかにしました。長い道でしたが、安藤さんはじめBリンパ球グループ(武藤博士、落合博士ら)、質量分析チーム(島博士ら)、ラボ内外の皆さん(東大分生研前田達哉先生、東北大加齢研本橋ほづみ先生等)の努力協力でたいへん重要重厚な論文にまとまりました。論文はJ. Biol. Chem. 誌にオンライン先行公開され、来年初めに出版される予定です。生化学総説図4モデル

今回発見したSer-535リン酸化による制御がリンパ球分化や活性化にどのように関わるのか、残りの71カ所はどのような調節に関わるのか、PI3キナーゼ→mTOR経路以外のシグナル経路による調節の可能性、などなど、多くの具体的な課題も出てきました。噛めばかむほど味のでる転写因子です。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.