ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2014年8月27日
Bリンパ球の遺伝子制御ネットワークに関する総説論文を発表しました

細胞分化の本質は遺伝子発現パターンの変化です。この変化は、転写因子によってつくり出されます。転写因子は分化機能に関わる遺伝子を調節するだけではなく、転写因子が他の転写因子遺伝子の発現を変えるという制御ネットワークをつくっていること、こういったネットワークの連結状況が変動していくことが細胞分化の根幹にあることが様々な系で明らかになりつつあります。この論文では、本研究室が長年取り組んできた転写因子Bach2を例として、Bリンパ球分化を支える遺伝子制御ネットワークについて解説しました。この論文はImmunological Reviews誌に掲載されました。

HP_B_GRN20140815

 

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.