ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2014年4月4日
heme-hemopexin複合体が遺伝子発現を調節することを報告しました

ヘモペキシンは血中のヘム結合タンパク質で、遊離ヘムの毒性(活性酸素種産生など)を防ぐ作用が知られていました。大学院生D3羽田浩士さんは、Hela細胞を用いた組み換えヘモペキシン発現系を用いて、ヘム-ヘモペキシン複合体を大量に調整する方法を開発しました。そして、ヘム-ヘモペキシンがエンドサイトーシスによりマクロファージなどの細胞に取り込まれ、その後に解離したヘムが転写因子Bach1を不活性化し、標的遺伝子を誘導することを証明しました。この結果から、ヘムが細胞間シグナル因子として遺伝子発現を調節することが示唆されます。この論文はBiochim. Biophys. Acta.誌に掲載されました。

heme_hemopexin

Extracellular heme functions as a gene regulatory signal.

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.