ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2013年9月16日
リンパ腫におけるBach2の発現に関する共同研究論文を発表しました

抗体遺伝子の体細胞突然変異は、抗体親和性亢進に重要な反応であり、B細胞分化過程の特定の時期(胚中心段階)にだけ生じます。ヒトB細胞性リンパ腫の一部では、体細胞突然変異が持続して生じていることが知られています。今回、東海大学の中村直哉教授らとの共同研究から、この体細胞突然変異の持続とBach2高発現の相関を見いだしました。Bach2はBリンパ腫の病型分類に活用できる可能性があります。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.