ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

トピックス

トピックス

2011年11月25日
細胞老化関連遺伝子とそのネットワークを明らかにしまし た

細胞老化はがん化のバリアーとして働き、がん抑制因子p53により誘導されます。太田助手とブリドン助教らが中心となって、転写因子Bach1がp53による転写を抑制することや、その結果、細胞老化を抑制することを明らかにしました。。本研究では、Bach1による細胞老化の抑制に、p53の標的遺伝子であるp21やPai1などの特定の遺伝子発現が抑制されていることが突き止められました。そのため、これらの遺伝子発現によって、がん抑制因子pRbを活性化させたり、pRbとは異なる経路を介したりして、細胞老化を誘導することも明らかにしました。今後の研究から、がん治療への応用が期待されます。

PubMed Link


ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.