ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

業績

  • 現在位置:HOME
  • 業績(2007年)
  • DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics.

論文業績

2007年10月27日
DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics.

著者 / Author

Ikura T., Tashiro, S., Kakino, A., Shima, H., Jacob, N., Amunugama, R., Yoder, K., Izumi, S., Kuraoka, I., Tanaka, K., Kimura, H., Ikura, M., Nishikubo, S., Ito, T., Muto, A., Miyagawa, K., Takeda, S., Fishel, R., Igarashi, K. and Kamiya, K.

掲載誌 / Journal

Mol. Cell. Biol. 27, 7028-7040 (2007).
PubMed Link

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.