ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

業績

  • 現在位置:HOME
  • 業績(2005年)
  • Prognostic significance of BACH2 expression in diffuse large B-cell lymphoma: a study of the Osaka lymphoma study group.

論文業績

2005年11月1日
Prognostic significance of BACH2 expression in diffuse large B-cell lymphoma: a study of the Osaka lymphoma study group.

著者 / Author

Sakane-Ishikawa, E., Nakatsuka, S., Tomita, Y., Fujita, S., Nakamichi, I., Takakuwa, T., Sugiyama, H., Fukuhara, S., Hino, M., Kanamaru, A., Soma, T., Tsukaguchi, M., Igarashi, K., Kanakura, Y., and Aozasa, K.

掲載誌 / Journal

J. Clin. Oncol. 23, 8012-8017 (2005)
PubMed Link

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.