ここから本文です

研究室紹介|メンバー

  • 現在位置:HOME
  • 研究室紹介
  • メンバー

研究室メンバー

生物化学分野には、医学、歯学、生物学、農学、保健学などを背景とする、多彩な人材が結集して教育と研究に取り組んでいます。
メールは全て@med.tohoku.ac.jpとなります。

photo
五十嵐 和彦
(Kazuhiko Igarashi)
教授

転写因子、クロマチン、細胞分化、Rなどを用いたデータ解析。詳細情報はこちらからどうぞ
メール:igarashi

photo
武藤 哲彦
(Akihiko Muto)
准教授

液性免疫応答を制御する転写因子ネットワーク。
メール: mutoa

photo
松本 光代
(Mitsuyo Matsumoto)
助教

次世代シークエンサーを用いたゲノム・転写ネットワーク解析、がん。
メール:m-matsumoto

photo
落合 恭子
(Kyoko Ochiai)
助教

転写因子によるエピゲノム制御と発がんにおける異常。
メール: kochiai

photo
渡部(松井) 美紀
(Miki Watanabe-Matsui)
助教

ヘムによる遺伝子発現制御。
メール: miki-wm

photo
島 弘季
(Hiroki Shima)
助手

質量分析計などを用いたプロテオミクス解析。
メール:shima4

photo
目黒 理恵
(Rie Meguro)
秘書・支援員

メール:secretary[アット]biochem.med.tohoku.ac.jp

photo
渡辺 慶子
(Keiko Watanabe)
技術員

一般実験

photo
舟木 智
(Tomo Funaki)
技術員

エピジェネティクス・オミックス

photo
加藤 浩貴
(Hiroki Kato)

赤血球分化を制御する鉄−転写因子ネットワーク

photo
鈴木 一史
(Katsushi Suzuki)
D4

筋再生を制御する転写因子ネットワーク

photo
西澤 弘成
(Hironari Nishizawa)
D3

細胞死を制御する転写因子ネットワーク

photo
佐藤 正規
(Masaki Sato)
D3

腫瘍細胞におけるBach1の効果

photo
石井 悠翔
(Ishii Yusho)
D3

免疫反応を制御するエピジェネティクス機構

photo
グエン チ ロン
(Nguyen Chi Long)
D2

Mat2aの制御メカニズム

photo
羽田 浩士
(Hiroshi Hada)
社会人院生

ヘム輸送系(ヘモペキシンなど)と遺伝子発現

photo
猪股 玲美
(Tamami Inomata)
M2

photo
角屋 駿
(Kadoya Shun)
M1

Bach2による液性免疫制御メカニズム

photo
佐藤 理奈
(Rina Sato)
補助員

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学医学系グローバルCOEプログラム Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.