ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

2014年10月27日
白血球の分化を制御する仕組みに関する論文を発表しました

東北大学大学院医学系研究科生物化学分野の伊藤亜里研究員、五十嵐和彦教授らのグループは、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの黒崎知博教授らとの共同研究により、白血球の分化を制御する遺伝子のスイッチ(転写因子)を発見しました。
従来、白血球のうち、病原体を食べて殺す(貪食)といった自然免疫を担う骨髄球や、病原体に対する抗体をつくるといった獲得免疫を担うBリンパ球が、元の同じ細胞(造血系幹細胞)からどのように作られるのか、不明な点が多く残っていました。本研究では、複数の遺伝子スイッチが協調することで前駆細胞から骨髄球への分化を抑え、その結果Bリンパ球がつくられることを発見しました。本研究によって、アレルギー性疾患などの病態の理解がさらに進むことが期待されます。

本研究の成果は平成26年10月26日18時(英国時間)(日本時間27日3時)に英科学雑誌、Nature Immunology誌電子版に掲載されました。

 

20141020プレスリリース図2[1]

 

ページトップに戻る

2014年10月26日
The transcription repressors Bach2 and Bach1 promote B cell development by repressing the myeloid program.

著者 / Author

Itoh-Nakadai A, Hikota R, Muto A, Kometani K, Watanabe-Matsui M, Sato Y, Kobayashi M, Nakamura A, Miura Y, Yano Y, Tashiro S, Sun J, Ikawa T, Ochiai K, Kurosaki T, Igarashi K.

掲載誌 / Journal

Nat Immunol. 2014 15:1171-1180.

PubMed Link

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.