ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

2014年3月29日
Wearing red for signaling: the heme-bach axis in heme metabolism, oxidative stress response and iron immunology.

著者 / Author

Igarashi K, Watanabe-Matsui M.

掲載誌 / Journal

Tohoku J Exp Med. 2014 232:229-253. Review.

PubMed Link

ページトップに戻る

2014年3月10日
佐々木純一さんが「2013年度基礎医学修練・優秀賞」を受賞しました

2013年11月から当研究室において、伊藤亜里先生のサポートの下で、

コツコツと努力しながら、転写因子Bach2の研究をおこなってきました。

3月6から7日までの二日間で開催された、「基礎医学修練成果報告会」では、

約5ヶ月にわたる研究成果(LPS刺激時の造血幹細胞と前駆細胞におけるミエロイド系分化機序の解明)が認められ、

2013年度の優秀賞を受賞しました。おめでとうございます!!

2014基礎修練_優秀賞_佐々木

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.