ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

2012年2月17日
第5回大学院リトリート発表会が開催されました

医学系研究科ルネサンス計画事業である「第5回リトリート」が、2012年1月21日に開催されました。当研究室からも数名の大学院生が発表をおこない、以下の方々が受賞しました。

安藤亮さん:ベストプレゼン賞

李婕さん、羽田浩士さん:ポスター賞

三浦佑一さん、小林匡洋さん:質問賞

ページトップに戻る

2012年2月12日
大学院生・李さんが論文を発表:Regulation of mitotic chromosome by nuclear export signal of Bach1

Bach1 has been analyzed as a transcriptional repressor, which regulates transcriptional responses against cellular stresses. Here, we found that Bach1 has a novel role for mitotic chromosome alignment during metaphase. Interestingly, this activity does not require DNA binding activity of Bach1 and rather requires its nuclear export signal (NES). Our finding suggests that Bach1 might mediate the possible regulation of mitotic chromosomes under cellular stresses. We will focus on the role of Bach1 in stress-mediated diseases such as cancer, aging, and radiation injury.

Transcription-independent role of Bach1 in mitosis through a nuclear exporter Crm1-dependent mechanism. Li J., Shiraki T., and Igarashi K. FEBS Letter in press

Pubmed Link

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.