ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

2009年1月30日
加藤助教が額田奨学基金・奨学優秀賞を受賞

助教・加藤恭丈博士に対して、東邦大学額田奨学基金より奨学優秀賞が授与されました。MafK複合体に関する研究を高く評価していただきました。

ページトップに戻る

2009年1月26日
Genetic ablation of transcription repressor Bach1 reduces neural tissue damage and improves locomotor function after spinal cord injury in mice.

著者 / Author

Kanno, H., Ozawa, H., Dohi, Y., Sekiguchi, A., Igarashi, K.

掲載誌 / Journal

Genes Cells 26, 31-39 (2009)
PubMed Link

ページトップに戻る

2009年1月26日
Crystal structure of the Bach1 BTB domain and its regulation of homodimerization.

著者 / Author

Ito, N., Watanabe-Matsui, M., Igarashi, K., and Murayama, K.

掲載誌 / Journal

J. Neurotrauma. 26, 31-39 (2009)
PubMed Link

ページトップに戻る

2009年1月17日
東北大学整形外科学分野との共同研究論文を発表しました

整形外科学分野の菅野晴夫先生、小澤浩司講師、井樋栄二教授らとの共同研究により、Bach1ノックアウトマウスでは脊髄損傷時の神経組織障害が抑制され 運動機能が改善することを見いだしました。Bach1は酸化ストレス防御酵素Heme oxygenase-1などの遺伝子発現を抑制することから、Bach1を標的とする脊髄損傷の新治療戦略が考えられます。(2009.1.17)

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.