ここから本文です

東北大学医学系研究科 生物化学分野

業績

  • 現在位置:HOME
  • 業績(1998年)

論文業績

1998年における関連論文業績を紹介します。

1998年10月1日
Identification of Bach2 as a B cell-specific partner for small Maf proteins that negatively regulate the immunoglobulin heavy chain gene 3′ enhancer.

著者 / Author

Muto, A., Hoshino, H., Madisen, L, Yanai, N., Obinata, M., Karasuyama, H., Hayashi, N., Nakauchi,H., Yamamoto, M., Groudine, M., and Igarashi, K.

掲載誌 / Journal

EMBO J. 17 5734-5743 (1998).
PubMed Link

ページトップに戻る

1998年1月8日
Multivalent DNA Binding Complex Generated by Small Maf and Bach1 as a Possible Biochemical Basis for β-globin Locus Control Region Complex.

著者 / Author

Igarashi, K., Hoshino, H., Muto, A., Suwabe, N., Nishikawa, S., Nakauchi, H., and Yamamoto, M.

掲載誌 / Journal

J. Biol. Chem. 273, 11783-11790 (1998).
PubMed Link

ページトップに戻る

PDFファイルについて

Adobe Readerの取得はこちらからPDFファイルの閲覧にあたっては、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerは、Adobe社のウェブサイトより無償で入手していただけます。

ページトップに戻る

ここからサイトナビゲーションです

トップページに戻る

  • トップページに戻る
  • 連絡先・アクセス
東北大学大学院医学系研究科生物化学分野 Copyright (C) Tohoku University All Rights Reserved.